とっておきの暮らしの道具
「さしものかぐ」
人と時間を優しく包み込む“家の具”に出合う

暮らし |  こつこつ追求型 しほ

家・家具・雑貨、最近ではお皿にも木は使われています。廿日市駅やトレッタみよし、宮島弥山の展望休憩所など木をふんだんに使った公共建築物も増えてきていますよね。
私たちの暮らしのすぐそばにある木。そんな木という素材に向かい、その特性を熟知した木の家具職人 髙橋 雄二さんに、家具づくりへの思い、広島の木の魅力、上質な暮らしのヒントをお聞きしました。

こつこつ追求型の方にオススメ

手仕事が生み出す
惚れ惚れする美しさ

ある晴れの日に安芸郡熊野町にある『さしものかぐたかはし』に行ってきました。『さしものかぐたかはし』は、宮崎や京都で修業した指物家具職人の髙橋雄二さんが、2010年に立ち上げた家具工房です。「指物(さしもの)」とは、木と木を組み合わせてつくる工芸品、またはその技術のことです。くぎを使わず、家具を組み立てていく「指物」の技術は細部に至るまで美しく、惚れ惚れします。

髙橋さんのつくる家具は一つひとつ手づくり。その木の個性を見極めながら、理論を超えた感覚でかんなを操り、直感的に美しいフォルムを刻み出します。椅子の肘掛けはあえて磨かず、手仕事の風合いを残すのが髙橋さんのこだわり。

ゆったり大きな座面と背当てでしっかり身体を支えてくれる肘付きの椅子「wing arm chair(ウィングアームチェア)」。細いフレームに木組みの様子が見えるのは指物の精度の証だそう。特徴的な肘は、鳥の羽のようなイメージでかんなで削り出して仕上げています。

「お客様がこの椅子に座るとふうっと気をゆるめて、肘をずっと触り続けてくださいます。そんな様子がとても嬉しい。かんなで削った滑らかな独特な感触がクセになるんです」と髙橋さん。

食事をしてそのまま珈琲を飲みながら、くつろいでゆっくり映画鑑賞。そんな暮らしのシーンを演出してくれます。

上質な暮らしをもたらす
「木の包容力」

工房の壁には数えきれないほどのかんなが掛けてありました。家具づくりで使う道具はすべて手づくり。作品を思いどおりに仕上げるため、親指の先ほどの小さなかんなが何種類も存在するそうです。薄く削られた木くずたちも、手仕事の細かさを物語っています。

素敵なショールームの入り口では亀さんが出迎えてくれます。亀ってこんなに動くの?ってぐらい、人間の動きに合わせて行ったり来たり。人懐っこい?亀さんでした。

「木の魅力は包容力」と髙橋さんは言います。「触れたときに感じるぬくもりはもちろん、衝撃を吸収するしなやかさや、性質的な強さなど、木には暮らしを優しく包み込むような包容力があります」。

また、画一的な工業製品があふれるなかで、「何一つとして同じもののない木肌や木目の個性、時間が経つと出てくる色の変化や傷一つに至るまで、味わいとして楽しめることも魅力ですね」とも。外見も内面も優れている木だからこそ、永い時を経ても大切に、一生かけて使い続けることができる。そんな自分だけの「本物」に出合うこと、それが上質な暮らしの原点といえそうです。

広島で使う家具こそ、
広島の木で

木はその土地の気候に合わせて、湿気を吸ったり吐いたり、まるで呼吸するように変化します。地元で育った木なら、家や家具に姿を変えても、割れたり反ったりという「木の動き」が起こりにくいとのこと。「広島で使う家具なら、広島の木で」と髙橋さんが地元産の木材にこだわるのはそのためです。地元の木を使えば、優良な木材を生み出す森を守ることにもつながります。

「家具は“家の具”。人の暮らしをデザインするもの」と話す髙橋さん。家という箱や、その具である家具に何を選ぶのかによって暮らしは大きく変わる。こだわって選んだ「本物」は、やがて家族になじみ、時に壊れても大切に修復しながら、永い時を一緒に過ごす。そんな毎日にこそ、上質な暮らしは息づいていくのかもしれませんね。

■髙橋 雄二さん
(プロフィール)

1978年大分生まれ。くぎを使わず、木と木を組み合わせて家具をつくる指物師。中野北郵便局にて社会人を経て、専門学校 飛騨国際工芸学園卒業。宮崎県 指物工房矢澤、京都府 木工藝 佃にて修行。2010年より「さしものかぐたかはし」をスタート。家具作りのほか、店舗、住宅の内装など幅広く活動中。

さしものかぐたかはし

住所〒731-4214 広島県安芸郡熊野町中溝1-16-12
Tel082-854-8539
Open13:00~18:00
Close日曜日、祝日、第2、第4月曜日
HPさしものかぐたかはしのHPはこちら