キッチン収納は「効率重視」
調理中の「やってしまった!」
をなくすアイデア

暮らし |  はきはき頑張り屋型 なこ

毎日使うキッチンは、扱うアイテムが多く出し入れも頻繁です。キッチンを使いやすくすると、暮らしがぐっと楽になりそう。料理をする頻度によって変わるとは思いますが、キッチンに何もモノがないという人はいないと思います。多かれ少なかれ、多種にわたるアイテムを収めなくてはならないのがキッチンです。そこで、キッチンの収納を見直してみましょう。

はきはき頑張り屋型の方にオススメ

効率を上げるのは、
収納の量よりも位置

キッチンといえば、モノが多い場所です。食器、調理器具のほか、食材を置く場所が必要です。もう少し具体的に書いてみると、皿、コップ、湯呑、茶碗、箸(×家族の人数分もしくは+α)フライパン、包丁、まな板、鍋、ボウル、玉ねぎ、ジャガイモ、米……。これ以上挙げるとモノの羅列で終わってしまいそうなのでやめますね。

ところでキッチンって何畳くらいの広さでしょうか。標準の広さは4.5畳だそうです。

4.5畳で収納できる場所といえば。シンク下などのキッチンの下、吊り棚、食器棚、冷蔵庫、床下収納といったところでしょうか。効率よく収めなければモノがあふれてしまい、料理もしにくい空間になってしまいますよね。

今、あなたはキッチンで作業をしているとき、流れはスムーズですか。

モノを探してあちこち歩き回ってはいませんか。

効率よく料理をするには収納の「量」よりも「位置」が重要になってきます。

単に、狭いから使いにくいキッチン、広ければ使いやすいキッチンというわけでもありません。

収納場所は「使う場所」
の近くに

モノを収めるところは、使う場所の近くに。

これはキッチンに限りません。何にでもどこにでも当てはまるので、覚えておいて損はないです。

キッチンで使うものは、キッチンに。キッチンの中でも、ある程度使う場所が決まっているものがありませんか。鍋やフライパンをコンロの近くにしまっておけば、料理の流れを妨げずにスマートに動けます。料理する時の作業を思い出しながら、「ここにこれがあると便利だな」「この作業をしているときにいつも使うものは何だろう」と、モノの住所を決めていきましょう。

収納スペースの1カ所をキッチン関係の掃除道具の定位置としておくのもいいですね。

キッチンでする行動を洗い出して、必要なものを使うところの近くに収めていきましょう。

よく使うものは目線から
腰の高さに

毎日使うものや毎回の食事で使うものは、出し入れが楽な姿勢でできる“目線から腰の高さ”がベストです。背伸びをしたりかがんだり、毎日繰り返すのはしんどいですからね。使用頻度の高さで収納の位置を決めていきましょう。

次に「重さ」も収納場所を決めるポイントの1つです。出し入れの際の安全性を考慮して使用頻度が低く軽いものは上の方に、重いものは下の方に入れます。

開き戸と引き出しで
収納力の差、収納量が
アップするキッチンへ

そもそも収納量が足りないんだ! という方はキッチンそのものを見直してみるのはいかがでしょうか。同じ大きさのキッチンでも、収納部分が開き戸タイプのものと引き出しタイプのものでは、収納量に大きく差が出ます

その差なんと、約190L(60cmのキャビネット1つ分)! モノを減らしても収める場所がない、という方。今使っているキッチンが20年を越えていれば、十分使われているので交換を考えてみるのもアリかもしれません。

整理収納は、作業をスムーズに行うための準備段階です。

  • 調味料の出し入れに手間取って料理を焦がしてしまう。
  • 今買ってきたものが、収納の奥の方で見つかった。

そんな「やってしまった」経験はありませんか。

収納の場所を工夫するだけで、モノが探しやすくなり作業を止めることが少なくなります。

少しずつ、できることからやってみるのはいかがでしょう。