猫を探しに尾道へ

ひろしまお出かけ |  わいわいオープン型 しほ

新型コロナウイルスの影響でなかなか旅行に行けない今日このごろ。今こそ、マイクロツーリズム(小さな旅行)に出かけてみませんか?広島にはまだまだ知らない素敵な場所がたくさんあります。
今回はかわいいあの子達に会いに尾道に行ってきました。

わいわいオープン型の方にオススメ

猫好きにはたまらない
『尾道』をおさんぽ

尾道といえば、何を思い浮かべますか?

尾道ラーメン、坂道、桜の名所 千光寺公園、映画の尾道三部作、最近は映えるスイーツも人気ですよね。見どころいっぱいの尾道で、私が最初に思い浮かべるのは何と言っても『猫』です!

尾道は猫のまち。商店街や路地裏、坂道や千光寺公園など至るところに猫がいます。そんな尾道で猫を探しながら、おさんぽしました。

まず見つけたのは、猫ではなくご当地マンホール。

その地域の特徴が描かれたご当地マンホールを見つけるのも旅の楽しみです。

商店街を通って、千光寺山ロープウェイ乗り場まで向かいます。

今回は猫に出会う旅なのでロープウエイには乗りません。となりにある艮神社へ。

艮神社は806年に建立されたとされ、尾道旧市内で最古の神社です。
境内に生えている楠は推定樹齢900年。幹の周囲は約7m。尾道市の天然記念物にも指定されています。

立派な楠に圧倒されました。

出典一般社団法人尾道観光協会ホームページ
アドレスhttps://www.ononavi.jp/index.html
名称艮神社
住所広島県尾道市長江一丁目3-5
電話0848-37-3320

隠れた猫を探せ!
『猫の細道』

艮神社横の細道を進みます。

坂道をどんどん上っていくと、猫の細道の案内板がありました。

どの猫がどこにいるかわかる猫の顔写真付きです。

猫は気まぐれなので、出会えるかは運次第ですけどね。

ここからは本物の猫だけでなく、猫をかたどったものがたくさんあるので猫に出会えなくても楽しめます。

隠れている猫たちを探してみてください。宝探しのようで子どもたちも大喜びです。

足元にも猫がいっぱいです。かわいくて踏めない。避けて通ります。

おうちの玄関アプローチに施工できたら、まいにちが楽しくなりそうですね。

三重塔の横を通り抜け、尾道の町並みを見ながら進みます。

三重塔をこの目線で見られるのは尾道ならではですね。

よく歩いたので、ちょっと休憩。

尾道は素敵なカフェが多いので、何回訪れても楽しめます。

花が浮いてるおいしい紅茶をいただきました。

尾道を一望できる歴史
あるお寺『千光寺』

尾道のまちと尾道水道を一望できる千光寺。

標高140m、尾道港を一望する大宝山の中腹にあり、弘法大師の開基(806年)で中興は多田満仲公と伝えられています。

本堂までの長い階段はつらいですが、そこから見える景色は最高でした。

千光寺でもかわいい猫を見つけました。

心を癒やす夢猫まもりです。

さすが、猫のまちにあるお寺ですね。

名称尾道 大宝山 千光寺
住所尾道市東土堂町15-1
電話0848-23-2310
HPhttps://www.senkouji.jp/

たくさんのかわいい猫たちに会えてとても癒やされました。

こんなに安心して寝ている猫たちを見ると、尾道がやさしいまちであることが分かりますね。