片付け実践編 キッチン収納を見直してすっきり!収める場所と使う場所を考える

暮らし |  はきはき頑張り屋型 なこ

仕事で「住空間収納プランナー」という資格を取りましたが、実生活では片付けが苦手なわたし……。収納アイテムを増やしてみたり、いろんなことをやってみましたが自分に合った片付け方法がなかなか見つかりませんでした。資格の勉強で学んだ知識の実践編として我が家のキッチン収納を見直してみました。片付け上手になるためには、収納量を増やせば解決! とはいかないみたいです。今ある収納を最大限に生かして、すっきりキレイなキッチンを目指します。

はきはき頑張り屋型の方にオススメ

片付けのポイント① 
モノの量を把握する

まずはキッチンにはどれだけのモノがあるのかを知るところから始めます。

現在の家に暮らし始めて約1年、引っ越しの際に不要だと思うものは手放してきたので、量は少ない方ではないでしょうか。

コップがいくつあるか、皿は何枚あるか、鍋は、調理道具は……と細かく数えていきましょう。「いる」「いらない」の判断をしながら「いる」モノの数を数えてみました。

片付けのポイント② 
収納の量を把握する

モノの量が分かったら、次は収める場所。キッチンにある収納のサイズを測って、大きさを把握します。簡単な図を描いて寸法を入れていきました。

収納場所を描いてみると、どこにどのくらいの大きさの収納があるのか、改めて分かりました。この中にすべてのモノが収まるよう計画していきます。

片付けのポイント③ 
モノの定位置を決める

続いて、必要なモノを収める定位置を決めていきます。

モノの住所を決める時のコツは、使う場所と頻度。コンロ近くで使う鍋やフライパンはコンロの近くに、調味料も側にあると便利ですね。さらに毎日のように使うものは、さっと取り出せる場所を定位置にすると片付けが苦になりません。

もう一つのポイントは、一緒に使うものはまとめて収納すること。私は、キッチン掃除に使うための手袋・ネット・スポンジたわしはまとめてシンク下の一角に収めました。これで掃除のときはシンク下を開ければすぐに道具がそろいます。

片付けのポイント④ 
収納ケースでまとめる

どこに何を収めるか決まっても、すぐには入れません。ケースを使って、出しやすく戻しやすい、使い勝手のいい収納にします。先ほどの掃除道具もばらばらと収めるよりお掃除セットとしてかごに入れてしまえば使いやすいです。

ケース選びで重要なのは、フタのないものにすること。フタがついていると、出し入れの動作に「フタの開け閉め」という作業が増えてしまいます。ほんのささいなことですが、この小さな手間が「収納=面倒くさい」につながってしまい、片付けへの苦手意識を強くしていたようです。

見せる収納が得意でないからと扉やカーテンで隠していたのですが、まさかそれが片づけられない原因になっていたとは……!ケースの色や種類を同じにすれば、統一感が出てごちゃごちゃした印象にはなりません。

スッキリ完了!作業が
はかどるキッチンに

4つのポイントを順におさえて、我が家のキッチンもすっかりきれいに片付きました。事前に収める場所と使う場所を考えたおかげで作業効率もはかどり一石二鳥! 使っていくうちにやっぱりここに入れるものは別のものがいいかも、なんてこともありますが、ケースごと引っ越しができるのでとても楽です♪ 次はどこを片付けようかな。