子どもと一緒にできるDIY
キャスター付き3段ラック

趣味 |  こつこつ追求型 なこ

最近よく見かけるキッチンワゴン。キャスターがついているので便利そうだな~と見ていました。我が家はキッチンではなくリビングで細かいものをまとめるのに活躍しそうだな。
だけど欲しいサイズ・色のものが売っていない。ということでDIY教室に参加して作ってみました。

こつこつ追求型の方にオススメ

材料は100円ショップで、
道具はドライバーだけ

昔からもの作りは好きだけど、工具が上手に扱えなくて諦めてしまった経験が何度もあります。参加したDIY教室は、お子さんでも参加できるという初心者向けのもの。「私も子どものころ、父といろんなものを作ったなあ。ほとんど父の作業を邪魔していたようなものだけど」、なんて思い出しながら作業開始です。今回使う材料は、ほとんど100円ショップでも手に入るのだとか。使う道具もプラスドライバーだけ。これなら私でもできそう、と参加を決めました。

キャスター付き
3段ラック 
材料とレシピ

材料

  • 箱 …3つ
  • 側面用の板
    (箱の側面と幅が同じ長さのものがあったので、そちらを採用) …2枚
  • キャスター(30㎜) …4つ
  • ねじ 
    …28個(キャスター取付用:16個、側板取付用:12個)
  • 木工用ボンド

作り方

(1)一番下になる箱の4隅にキャスターを取り付ける
(最初に大人が下穴を開けておくと、お子様でも回しやすいです)

(2)ボンドで板を仮止めする 箱に側板を貼ります。
箱を取り付ける位置は、出し入れがしやすいように高さを考えます。

(3)ねじで側板を固定する
ボンドが乾いたら、ねじで固定してより丈夫に。

完成

作業時間は1時間もかからずに完成しました。少しゆがみもありますが、そこはご愛嬌。インテリアに合わせて色を塗ったアレンジもできそうです。教室で小物をお借りして写真撮影しました。我が家では、リモコンやティッシュなど生活感あふれる小物の収納に使う予定です。

DIYで暮らしを
自分好みに

DIYの良いところは、自分好みのものが作れるところ。家族で作れば思い出もできます。DIYの楽しみを知って、暮らしの中で「もう少しこうなればいいのに」「こんなものがあったらな」を叶える方法を考えるようになりました。100円ショップやホームセンターは「これ使えそう!」という発見を楽しみながら歩いています。まだ大きなものは作れないけれど、少しずつチャレンジしてみようかな。