1枚のラグから始まる、豊かで美しい暮らし。

いつみてもその人らしくいて、一緒に過ごしていると心が落ち着く…。素敵なあの人はどんなふうに暮らしてる? シリーズ「あの人に会いにいく」では、広島で暮らしのてまひまを楽しむ“素敵なあの人”に会いに行きます。今回はトライバルラグを紹介するギャラリーを運営する植木幹枝さんに、豊かな暮らし方についてお話を聞きました。

こつこつ追求型の方にオススメ
RSS
Twitter
Visit Us
YouTube
Instagram

ゲスト:植木幹枝さん

「Rug&Furniture HIPPO CRAFT」を夫婦で立ち上げ
「HIPPO CRAFT GALLERY(ヒポクラフトギャラリー)」を運営。
2012年、県内外のギャラリーで展示会をスタートし、2018年に常設ギャラリーをオープン。ラグや家具、こだわりの暮らしアイテムを取り入れた、自分だけの特別な空間づくりを提案している。
インスタグラムで商品を紹介。

HP

暮らしを変えた
1枚のキリム

世界遺産の宮島の対岸、廿日市市内の住宅地にひっそりとある「ヒポクラフトギャラリー」。幹枝さんが選んだトライバルラグと、夫の信晴さんが製作するオリジナル家具のお店です。

幹枝さんは結婚当初、清水の舞台から飛び降りる気持ちで1枚のキリムを手に入れました。「ラグ1枚でおうち時間がとても素敵になったんです」。その感動が忘れられず、もう一枚、もう一枚と気が付くとコレクションが増え…。

2012年に広島市内のギャラリーを借りて夫が製作する家具と幹枝さんが選んだラグを紹介する展示会を思い切って開催しました。そのころ絨毯といえばペルシャ絨毯を家具店の一角や百貨店の催事で見かける程度。展示会には「トライバルって何?」と珍しがって、多くの人が訪ねてきてくれたそうです。

常設のギャラリーを構えたのは2018年のこと。ギャラリーでは、「もう少し豊かに、もう少し美しく暮らしたい」というコンセプトのもと、ラグをはじめこだわりの暮らしアイテムと、それらがもたらす豊かな暮らしを紹介しています。

手仕事の美しさ、
使って育てる楽しさ

さて、トライバルラグとは。

イランやアフガニスタンなど主に西アジアに暮らす少数民族の遊牧民「部族」から生まれたキリムや絨毯のこと。キリムは縦糸と横糸で構成される平織りのもの、絨毯は縦糸と横糸に結び糸が加わった毛足のあるものです。ペルシャ絨毯が工房で装飾品として織られたものに対して、トライバルラグは夏と冬に移動して暮らす遊牧民たちが生活道具として織ったもの。テントの前にかけたりベッドに敷いたりと、暮らしの中で使われる生活道具です。 

ラグの模様は母から娘へと代々伝えられ、「線がまっすぐじゃなかったり、左右対称じゃなかったり、ちょっと緩いんです。そんな人間味がたまらなく好きなんです」と幹枝さん。すべて手仕事の一点ものです。

生活道具だけに、日々は掃除機をかけ、天気のよい日に干して風を通したりとお手入れが楽。

「ラグをはじめ生活にかかわるものは、使ってこそ魅力が増します。我が家も2人の息子と犬がいますが気にせずガンガン使って、だんだんとこの家になじんできました。育てていく楽しみもありますよ」と教えてくれました。

ラグを通して
豊かな暮らしを提案

ラグを選ぶコツを聞くと「サイズよりも柄や色味で直感で選んでみてください。サイズ重視で選んでしまうと使い方が限られてしまうんです」とアドバイス。幹枝さんが25歳の時に選んだラグは、現在の好みよりも色や柄が賑やかなので、今はお子さんの部屋で使っているそう。自分が選んだものの歴史が見えて楽しいですね。

「まずは1枚使ってみると、世界が広がります。その感動をたくさんの方に知ってほしい」と目を輝かせます。

幹枝さんにとって、ラグは暮らしを豊かにするアイテムの一つ。ギャラリーで紹介するのはラグだけではありません。

ガーナ北部ボルガタンガ地方で編まれたコロンとしたバスケットは、その地の編み手たち自身が「世界で一番完成度の高いバスケットを」を合言葉に制作するもの。時間をかけて丁寧に編まれ、長く愛用できるバスケットです。

また、幹枝さんお気に入りのアクセサリーを紹介していたり、今後はカシミヤのイベントも計画中。

「暮らしに関係するものをどんどん紹介して、上質なモノを暮らしに取り入れた特別な空間づくりを提案したい。大事にしていることが共通している人が集まる拠点にしていきたい」と考えています。

幹枝さんのてまひま

「家で過ごす時間が好きなんです。目に付くところに好きなものを置いておきたい」。

ギャラリーにも自宅スペースにも、落ち着いた色味の中に植物がよく映えてみずみずしさを添えています。ラグとグリーンのコントラストがお気に入りだそうです。

また、「想いのないものは置かない」というのも幹枝さんの豊かな暮らしのルール。壁にアーティスト作品とお子さんの絵画作品が並んでいるなど、幹枝さんが感動したものや大切な思い出があちこちに散りばめられています。ギャラリーで紹介されているラグも、幹枝さんのお気に入りのものばかりです。

あなたの暮らし空間に、あなたの好きなものを一つ加えてみませんか。豊かで美しい暮らしが始まります。

あの人に会いにいく

バックナンバー

RSS
Twitter
Visit Us
YouTube
Instagram

おすすめ記事

この記事が気に入ったら
こんな記事もいかがですか?