春を感じに今すぐ出発!近場の山でお花見ハイキング

ソメイヨシノの開花宣言が全国で一番早かった広島県。ぽかぽか陽気に誘われて、広島市内にある標高261mの牛田山にハイキングに出かけました。見ごろを迎えた満開の桜を求めて歩きます。遠くから眺める桜も、近くで見る桜もそれぞれの良さがある。春を感じた一日でした。

わいわいオープン型の方にオススメ
RSS
Twitter
Visit Us
YouTube
Instagram

登山口は10カ所以上、
目的の山を決めて出発

都心に近い住宅地である牛田地区を取り囲むように、馬蹄形の山なみがあります。この尾根筋の端から端までの全長約5kmは人気のハイキングコースです。登山口は10カ所以上あるので、目的の山を決めてハイキングを楽しむこともできます。

今回は、東照宮口から牛田旭口までのお花見ハイキングです。

広島東照宮から
朱色の鳥居が続く参道へ

まずは、無事に登頂できるように、広島駅北口から徒歩10分、広島東照宮にお参りしました。

広島東照宮には山根木材の平安祈願祭や釿始(ちょうなはじめ)式、地鎮祭で大変お世話になっています。また、神輿蔵の建築には山根木材が携わらせていただきました。平成27年10月10日に200年ぶりに正式復興した広島神輿行列「通り御祭礼」で大神輿を見た感動は忘れられません。

そんなご縁から個人的な厄払いの祈祷も広島東照宮にお願いしています。

広島東照宮:https://www.hiroshima-toshogu.or.jp

広島東照宮の裏手にある東照宮口からハイキングスタートです。

金光稲荷神社を通り過ぎ、朱色の鳥居が続く参道を進みます。

少し歩くと金光稲荷神社の奥宮に着きました。広島駅や市街地、瀬戸内海の島々が一望できる絶景スポットです。市街地をこの高さから見るのは初めてで感動しました!「水の都ひろしま」を実感する風景です。

平和を感じる桜と仏舎利塔

先に進むと見慣れない建物が見えてきました。二葉山平和塔(仏舎利塔)です。

二葉山平和塔(仏舎利塔)は、人類の幸福と戦争のない世界の恒久平和を念願し、原子爆弾の犠牲者の冥福を祈るため、広島駅北側の二葉山山頂に、昭和41年(1966年)に建立されたそうです。

日々のニュースを見ると、世界には平和とはいえない、花を愛でる状況ではない国がたくさんあります。

日本にも様々な問題はありますし、コロナ禍でみんなが我慢している状況ですが、密を避けながら桜を楽しめる環境があることに感謝しました。

二葉山平和塔(仏舎利塔)から見る景色も絶景でした。尾長天満宮もばっちり見えます。

二葉山から尾長山に向かうには一度住宅街に出て、天神峠口から登り始めます。

今回のハイキングですが、ハイキングコースと書いてあったのでそんなにきつくないだろうと思っていました。実際は登ったり、下ったりが多く、想像以上に疲れました。自分の体力のなさにがっかりです。日々、運動しないといけないですね。

標高261mでランチ、
食後はソファー岩で

みんなに励まされながら、なんとか標高261m牛田山登頂です!

桜の木を眺めながら食べるお弁当は最高においしかったです!

お弁当を食べ終わったら、牛田山にあるソファー岩に向かいました。思ったより、座り心地がいいソファでした。

神田山を通過して、牛田総合公園に出ると満開の桜が出迎えてくれました。

一面ピンク色の風景は今しか見ることができない絶景ですね。桜を見ると日本人に生まれてよかったと思うのは単純でしょうか。

最後の山は見立山。ここから見る絶景も素晴らしかったです。

筋肉痛にはなったけど、広島の街や瀬戸内海が一望できて、春を感じる桜を見ることができて、有意義な一日を過ごすことができました。

体力をつけて、次の山に挑戦です!

お出かけ

バックナンバー

RSS
Twitter
Visit Us
YouTube
Instagram

おすすめ記事

この記事が気に入ったら
こんな記事もいかがですか?