夏のお外あそび。わくわく感を増やすあそび方

みなさんは子どもの頃はどんな夏あそびをして過ごしていましたか。キャンプ、虫捕り、海あそび、川あそび、花火、夕涼みなどなど、たくさんの楽しい記憶がよみがえる方も多いのではないでしょうか。でも、近年の気温上昇にともなって夏が暑すぎる! 思い出づくりのはずが、日焼けが原因で体に熱がこもって発熱したり、体が疲れすぎて体調を崩してしまう子どもや大人も多いですよね。そうなっては本末転倒です。今回は、子どもたちが簡単に楽しめて、思い出にばっちり残っちゃう夏あそび&夏のケアをお伝えします。

わいわいオープン型の方にオススメ
RSS
Twitter
Visit Us
YouTube
Instagram

夏のあそびは
無理なく楽しむ

アウトドアを思い切り楽しみたい方も多いですよね。私もその1人ですが、暑すぎて体力が持たないのも現実。そこで最近では「無理なく楽しめるあそびをしよう」と決めています。

水あそび(川・海)は午前中

水辺は体も焼けて体も疲れやすいので、午前中に短く集中して思い切り楽しむのがおすすめです。

海であれば、潮が引いて現れる「潮だまり」で海の生き物を見つけて楽しんだり、カニや貝を見つけて小さな鍋でその場でゆでて食べたりすることもできます。

川でもたくさんの生き物や植物を発見して楽しめますね。

山あそびは休み休み

山あそびではキャンプや虫探しなどなど楽しいあそびがたくさん! 山は木陰も多く風が通ると涼しい時もありますが、水辺と違って汗を流す場がないので熱がこもりやすい状態になります。汗を流したり、首元を冷やしたりしながら休み休み過ごしましょう。

山でなくてもおうちの庭も最高なフィールドになります。

この時にぜひ楽しんでほしいのが、お外ご飯作りです。お子さんと畑の野菜を収穫したり、産直市などに出かけて夏野菜を探してみてください。その野菜でお料理をするとおいしさは格別ですよ。

アウトドア用品が無くても、お家にあるもので簡単に作りましょう。

キャンプなどに行かれる際には、子どもたちと小枝拾いをしてみてください。自分たちで集めた小枝がご飯作りの火になることを、時間をかけて子どもの体感として残してあげてほしいと思います。

食紅の色水でダイナミックに

私が保育でよくしていたのは「絵の具あそび」です。でも、これを家庭でするのは勇気がいりますよね。

でも大丈夫! おうちでは絵の具の代わりに「食紅」を薄めた色水がおすすめ。ダイナミックにあそべます。

いくつかのペットボトルにほんの少しの食紅を入れて水で溶かすと、透明感のあるキラキラした
きれいな色水ができます。

透明カップに入れて混色をしたり、シャボン玉液作りもできますよ。最後はお風呂洗いを兼ねてみんなでゴシゴシ洗ってお片づけ。お庭がある方は外でするのも最高に楽しいですね。

こんなふうに、大掛かりな準備が無くても短い時間で十分に楽しむことができます。

子ども主導のあそびで
最高の思い出づくり

あそびは “子ども主導” が基本です。だけど「楽しい思い出をつくってあげたい!」という気持ちから、ついつい大人主導になりがちです。次のポイントを押さえることで、最高に楽しいあそびじかんになります。

「わくわく感」の種まきをする

例えば「海あそび」。子どもたちに、「海にはいろんな生き物がいるんだって。どんないきものがいると思う?」

と質問を投げかけてみます。大人が想像しないこともたくさん発するかもしれませんし、分からないと言うかもしれません。その時は一緒に図鑑などで調べてみてください。子ども自らが発したことを親子で調べて、子ども自身が「答え」を見つけることが、あそびを最大に盛り上げるポイントです。

保育や教育現場では、これを「導入」と言います。何かを伝えたい時には、まず子どもたち自身が興味を持ってわくわくすることが最重要。これさえ押さえておけば、あとは子どもたちがいろんなことを想像したり考えてわくわく感を増していきます。わくわく感の種まきは大人の役目です。これをするとしないとでは当日の盛り上がりが大きく違いますので、ぜひお試しくださいね。

暑い夏は体のケアも大切

短時間で楽しい思い出になるあそびでも、暑い夏は特に体が疲れます。最後に、お家で簡単にできる「むしよけ対策」と「熱中症対策」を紹介します。

〇虫よけには和ハッカ油

ハッカに含まれるメントール含有量が多いのがハッカ。このスーッとした香りが虫よけ、ダニ除けに効果が高いといわれています。お家で簡単に作ることができ、体にも安心安全です。

作り方

スプレーボトルに無水エタノール(10ml)、和ハッカ油(60滴)を入れてよく振った後、精製水(90ml)を入れてよく振って完成。
(容器はポリプロピレンかポリエチレン製のもの)

〇発熱には無添加イオン水

いわゆる経口補水液というものです。体液と同じPHで水の25倍の速さで吸収され、発熱時などにおすすめです。

作り方

水(500ml)、自然塩(小さじ1/4)、レモン汁(大さじ1)、ココナッツシュガーまたははちみつ(大さじ1〜2)を容器に入れて振って混ぜたら出来上がり。

体にとって、優しい材料で手作りをしておくと家族の「いざ!」という時に慌てず役立てることができます。

心も体も元気に楽しい夏をすごして最高の思い出づくりをしてくださいね♪

ママライター  
山下久美恵
さん

屋号:
親子であそぼう
mocomoco

FB

子育てのじかん

ライター紹介ページ

ママライター

バックナンバー

RSS
Twitter
Visit Us
YouTube
Instagram

おすすめ記事

この記事が気に入ったら
こんな記事もいかがですか?