江戸時代の妖怪に会いに
「三次もののけミュージアム」へ

広島市内から車で約1時間。広島県三次市三次町は 江戸時代に生まれた物語《稲生物怪録(いのうもののけろく)》の舞台となった地です。そんな歴史的背景を持つ地に「湯本豪一記念日本妖怪博物館(三次もののけミュージアム)」があります。妖怪大好き!という方も、妖怪なんて作り話でしょう?と思う方も、地元の妖怪って聞くと身近に感じ、興味が湧いてわくわくしてきませんか?今回はそんなお話です。

わいわいオープン型の方にオススメ
RSS
Twitter
Visit Us
YouTube
Instagram

妖怪物語の舞台となった
三次(みよし)という町

みなさんは、妖怪を信じますか?妖怪=怖いものというイメージもありますが、アマビエのように疫病封じの妖怪もいます。どこか遠くの物語に感じますが、広島にも妖怪の物語は多くあります。

暑さが落ち着き、過ごしやすくなってきたころ、三次まで足を伸ばしてみました。広島市内から車で約1時間、おでかけには最適な距離ですよね。広島県三次市三次町は《稲生物怪録(いのうもののけろく)》の舞台となった地。そんな歴史を持つ三次町にあるのが、今回の目的地「湯本豪一記念日本妖怪博物館(三次もののけミュージアム)」です。

三次もののけミュージアム
って、どんなところ?

「湯本豪一記念日本妖怪博物館(三次もののけミュージアム)」。ここには湯本豪一氏から寄贈を受けた妖怪コレクションや、江戸時代の三次を舞台とした妖怪物語《稲生物怪録》の本 や絵巻を中心に、実在した主人公とその歴史背景、伝播し続ける物語の魅力が紹介されています。

またアミューズメントコーナー「チームラボ 妖怪遊園地」には、自分が描いた妖怪がスクリーンで動き出すコーナーや、妖怪と一緒に記念撮影ができるコーナーもあり、子供から大人まで楽しめる施設です。

妖怪とふれあえる!
一緒に写真も撮れる!

まずは「チームラボ 妖怪遊園地」から!

感染症対策として人数制限があり、 20分ごとの入替制なので安心して楽しめます。好きな妖怪のぬり絵を選んで、クレヨンをもって、自分だけの妖怪を描いちゃおう!すると、 自分だけのオリジナルの妖怪が大きなスクリーンに登場するのです!

本当はここで、私の描いた妖怪をお見せしたかったのですが、スクリーンに放ったものの、ずっと陰に隠れて出てきませんでした…。

同じエリアには妖怪と一緒に記念撮影ができるフォトブースもあります。《稲生物怪録》に登場する妖怪と一緒に写真を撮ったり、河童になって動画を撮影して楽しめます。さらに簡単に自分のスマートフォンに保存もできます!

今も熱狂できる妖怪の世界

さて、いよいよ本題の妖怪の展示について。
日本に昔から伝わる妖怪が生まれる元となったお話や、江戸時代の三次を舞台にした妖怪物語など を、読んだり、見たりして楽しむことができます。

ちなみに、広島市内にも「猿猴橋」というもののけにまつわる名前がつけられているなど、妖怪やもののけがいたという話も少なくありません。
稲荷町には妖怪にまつわる神社があり、この《稲生物怪録》とも繋がってくるのですが、この話はまた今度…(できたらいいなと思っています) 。

また企画展では「いざ!鬼退治 酒呑童子のものがたり」が開催されていました(2021年12月28日まで)。子供のころに読んだ絵本にもよく出てくる『鬼』。最近では鬼と闘う少年が主人公の漫画も大流行していますね。私も大好きです!
意外と身近に感じる『鬼』の歴史や、鬼退治の物語など、じっくりと見ることができます。

こうやって妖怪のルーツや、広島に伝わる物語や歴史に触れると、いつもすぐそばに妖怪はいるのではないかな、と感じてしまいます。みなさんはいかがですか?妖怪やもののけの歴史といっても、今の時代にも熱狂できる要素がたくさんあります。

博物館内の内容を書き すぎてしまうと、ネタバレになってしまうので、ぜひ実際に行って見てふれて楽しんでください!

妖怪を学んだら、
近くでランチタイム

妖怪について勉強をし、楽しんだらおなかが空いてきました…。
もののけミュージアムから歩いて10分くらいの場所にあるmugi mugi CAFÉさんで
ランチをしました。

お店に入るとすぐに目に飛び込んできた美味しそうなパン。雑貨なども多く扱われていて、とにかくおしゃれな店内です。

今日のランチはトリッパの煮込み。サラダやパンもついてきて、ドリンクメニューも豊富です。ついつい長居したくなりますね。ボリュームがしっかりあるので、ショーケースのパンやスイーツは食べられない…。

ということで、スイーツはテイクアウトにしました。

静かな街並みにある、妖怪物語や、もののけミュージアム。そしておしゃれなカフェ。不思議な魅力が詰まった三次という町。みなさんも、感染症対策をしながら、ぜひ三次まで足を伸ばしてみてくださいね。

ムギムギカフェ(mugi_mugi cafe)

住所 広島県三次市三次町1545
TEL 0824-63-5528
営業時間 11:00~18:00 (L.O. 17:00)
定休日 Instagramをご確認ください
ムギムギカフェinsta
公式サイト http://r.goope.jp/mugi2/free/mugi_mugi_cafe

RSS
Twitter
Visit Us
YouTube
Instagram

おすすめ記事

この記事が気に入ったら
こんな記事もいかがですか?