コーディネーターに聞く、理想的な寝室のポイント

1日の終わりと始まりを過ごす寝室。今日をすてきな一日にするために、大切な空間です。そこで今回は山根木材のインテリアコーディネーター 山根康子さんに、理想的な寝室のポイントをお伺いしました。ぜひインテリア選びの参考にしてみてください。

こつこつ追求型の方にオススメ
RSS
Twitter
Visit Us
YouTube
Instagram

マットレスの基本的な
サイズ

寝室の最も重要な家具といえばベッドです。
ベッドを選ぶとき、「シングル」や「セミダブル」などのサイズが出てきます。これはベッドやその上に敷くマットレスの横幅を表しています。

標準的なマットレスの縦の長さは195〜200cmで統一されています。横幅の呼び方と標準的な長さは一般的に以下のようになっています。

セミシングル80〜90cm
シングル90〜100cm
セミダブル120cm
ダブル140cm
クイーン160cm
キング180〜200cm

ベッドのサイズと
部屋のサイズの関係

それでは実際にベッドを選んでいく際に、ご夫婦2人の主寝室を例に考えてみます。
最近ではご夫婦でもベッドを一人1台置かれる方が多くなっています。
ベッドの両サイドの空間は60cmくらいが目安で、これより狭いとベッドに入ったり降りたりする時に窮屈に感じてしまいます。

下の図のように2間(3510mm) の部屋にベッドを2台置いた場合、シングル2台やシングル + セミダブルの場合ベッドの横に十分な空間が確保できますが、セミダブル2台になると両サイドとも約55cmとやや窮屈になってしまいます。

空間を考慮してシングルにするか、2人で1台のダブルにするなど 、部屋のサイズに合ったベッド選びが重要です。

窓やドア、エアコン、
家具の配置を考える。

重要なのはサイズだけではありません。
下の図は8帖の部屋にダブルベッドを1台設置しています。

この寝室の1つ目のポイントは窓の位置です。
窓がベッドの頭の側の真上から少しずれた位置にあります。寝た時に頭の真上に窓があると外気や日光を感じやすく、外部の音も気になりやすくなるため、睡眠を妨げるおそれがあります。

2つ目のポイントはエアコンの位置と向きです。
寝た時に風が直接顔に当たらない位置に設置しています。エアコンの風が顔に直接当たってしまうと肌や喉が乾燥してしまいます。また体に長時間温風や冷風が当たることで自律神経にも悪い影響を及ぼす可能性があります。
またエアコンを設置する場合、風が直接当たる場所に背の高い家具を置かないように注意が必要です。

8帖のレイアウトをもう一つご紹介します。
このベッドの配置は「ホテル置き」と呼ばれています。

この部屋は共働きなどでご夫婦が眠る時間が違うことを考慮した配置になっています。
夜暗くなって後から寝室に入ってきた時に、開けたドアから入ってくる光が寝ている人の視線に入りにくくなっており、パートナーを起こす心配を減らすことができます。

快眠を叶える理想の寝室 
5つのポイント

ここまでご説明したベッドと他の家具や建具の関係も踏まえて、快眠を叶えるための寝室の5つのポイントをご紹介します。
寝室のインテリアや模様替えはもちろん、新築や家の購入をご検討されている方は是非参考にしてみてください。

1つ目のポイントは「光」です。

強い光が直接目に入ることは心地よい眠りの妨げになります。間接照明やスタンドライト、足元灯などを活用して、優しい光を演出することをお薦めします。

2つ目のポイントは「音」です。

先程の窓もそうでしたが、外部の音によって眠りを妨げられない環境をつくるとが重要です。遮音カーテンを使用するのも一つの方法になります。

3つ目のポイントは「温度・湿度」です。

こちらも先程ご説明しましたが、エアコンの風が直接当たらないようにしましょう。エアコンの設定温度は夏が26~28℃、冬は20℃前後、湿度は50~60%が好ましいそうです。

4つ目のポイントは「匂い」です。

寝室は空気がこもりがちなので匂いが気になってくることもあります。消臭効果のある内装材を使用したり、アロマなどのお気に入りの香りでリラックスすることで、睡眠の質も向上します。

5つ目のポイントは「色」です。

色には青には鎮静効果、緑には安心感というようにそれぞれ心理的な特性があります。心を落ち着ける青は寝室にお薦めの色ですが、鎮静効果と同時に寒い・冷たいという印象も与えることがあります。一面を青にするのではなく、カーテンなどでアクセントとして取り入れるのが良いと思います。

RSS
Twitter
Visit Us
YouTube
Instagram

おすすめ記事

この記事が気に入ったら
こんな記事もいかがですか?