家と一緒に成長していく シンボルツリーの選び方

家を建てる時に門周りや玄関先に「シンボルツリー」として木を植えることが多くあります。住まいを引き立てる庭木であるだけでなく、これから長く共に暮らし成長していくパートナーとして、その名の通り家のシンボルとして植えられています。
花壇や鉢植えのように季節や気分で変えられるものと違い、ずっと家に寄り添い続けるシンボルツリーにはどのような木が適しているのでしょうか。思い入れのある木を選ばれる場合も、植える場所や手入れの方法などを知っておくことで長く付き合うことができるようになるので、一緒に学んでいきましょう。

ほのぼのスローライフ型の方にオススメ
RSS
Twitter
Visit Us
YouTube
Instagram

シンボルツリーの樹種を
選ぶポイント

落葉樹と常緑樹

一般的に秋~冬に一斉に葉を落として春に新しい葉を付ける木が「落葉樹」、反対に寒くなっても葉を落とさず一年中葉を付ける木が「常緑樹」です。代表的な落葉樹はサクラやイチョウなど、代表的な常緑樹はマツやツバキなどがあります。

落葉樹のメリットは新緑から盛夏を経た紅葉まで四季折々の風情が楽しめることでしょう。また夏には葉が木陰を作ってくれ、冬には葉が落ちるので日差しを受けることができます。逆にデメリットとしては落ち葉の掃除が必要だったり、落葉している間は目隠しとしての効果が期待できません。

一方で常緑樹のメリットは冬でも枝だけで寒々しくならず一年を通して緑を楽しむことができることでしょう。常に葉があるので目隠しにも最適です。また落葉も少ない(全くないわけではありません)ので落ち葉を気にすることが少ないです。デメリットは葉が落ちないため足元の日当たりが悪く、草丈の低い草花を足元に植えることには向いていません。

成長速度と大きさ

木の成長や大きさは樹種によって大きく違います。
シンボルツリーにもよく選ばれるシマトネリコは成長速度がかなり早く1年で50cmくらい伸びます。
また気候や育て方によって最大で15~20mまで大きくなります。
次に紹介するように剪定などを正しく行うことで適切な大きさに調整することはできますが、高さが大きくなる木は根も広く張る場合があります。植えるスペースの大きさや隣家・道路との干渉などに気を付ける必要があるでしょう。

剪定と病害虫対策

木は放っておくと枝が伸びすぎたり、背丈が高くなりすぎるため、剪定が必要になります。
木の成長速度によっては剪定の頻度も多くなりますし、木が大きくなりすぎないためにある程度の大きさで先端を切る(芯止め)ことも必要になります。花や実を付ける木の場合花芽を摘まないようにしないと花を楽しむことができなくなります。
大きくなりすぎない、成長速度の緩やかな木であれば剪定の頻度も少なくなります。

また木の種類によっては病害虫が付きやすいものもあります。虫が苦手という方もいると思いますが、病害虫は木にとっても成長を阻害したり、場合によっては木を枯らしてしまうことがあります。病害に強い木であるかどうか、どのような病害虫がつきやすい木か知っておくことも大切です。

耐寒性・耐陰性

木は本来自然に生育するのに適した気候や環境があります。

寒さに対する強さを「耐寒性」と言います。冬に雪が積もるような地域であれば温暖な気候を好む=耐寒性が低い木は屋外で冬を越すことができず枯れてしまうかもしれません。
広島県は北にはスキー場がありリンゴが栽培できるほど寒く、南は雪を見ることは少なくミカンやレモンが栽培できるほど温暖な気候です。気候に適した木を選ぶように心がけましょう。

シンボルツリーを植えようとする場所の日当たりにも気を配る必要があります。
「耐陰性」とは日当たりの悪さに対する強さです。シンボルツリーを植える場所が必ず南向きで常に日当たりの良い場所とは限りません。建物の陰になって一日のうち1~2時間くらいしか日に当たらないような場所は耐陰性の低い木はうまく生育してくれない可能性があります。

建物のデザインとのバランス

木の持つ風合いと建物のデザインのバランスも気を付けたいポイントです。洋風のモダンな建物にマツやモミジといった和風な木を植えたり、和風のお家にトロピカルな雰囲気のニオイシュロランなどを植えると、どうしてもアンバランスになりがちです。

家のテイストと合った木を選ぶことで、統一感も出てシンボルツリーの見栄えもより一層良くなります。

シンボルツリーに
おすすめの樹種

じっさいにシンボルツリーとして人気があり、おすすめの樹種を紹介していきます。
シンボルツリーや庭木選びの参考にしてみてください。

アオダモ

アオダモは元々日本の山に生えている木で、山の雰囲気を出す自然な樹形が魅力です。野球のバットの原材料としても知られています。
春には煙るような白い花を咲かせます。花の後には翼果(よくか)という薄紅色の羽のような実を付けます。秋には紅葉を楽しむこともできます。

【落葉樹と常緑樹】

アオダモは落葉樹です。そのため冬には葉を落とします。アオダモは樹皮の美しさも魅力とされ、落葉した冬にも樹皮を楽しむことができます。

【成長速度と大きさ】

同じ種であるシマトネリコと比べて成長速度も緩やか(1年で30cmくらい)です。背丈は最大10~15mくらいになります。

【剪定と病害虫対策】

下枝が少なく枝は上部にしかないため、剪定は伸びすぎた枝を軽く切るくらいにしましょう。アオダモの花芽は今年伸びた枝の先にできて、それが翌年開花します。なるべく花芽を避けて剪定するようにしましょう。
病気や害虫の被害はほとんどありません。ただし日当たりや風通しが悪いと夏にテッポウムシ(カミキリムシの幼虫)が幹に食い入ることがあるので、その場合は市販の殺虫剤等で駆除するようにしましょう。

【耐寒性・耐陰性】

耐寒性・耐陰性に優れていますが、西日や暑さにやや弱いため、植える場所はやや日陰ぐらいで丁度良いです。

【建物のデザインとのバランス】

ナチュラルな雰囲気の雑木なので、様々なテイストの家に合わせることができます。

ハナミズキ

ハナミズキは北米原産で、街路樹などにもよく植えられている非常にポピュラーな木です。
ハナミズキの特徴は何といっても春に咲かせる白や薄紅色の花でしょう。大ぶりで華やかな花は春の訪れを告げてくれます。また秋には赤い小さな実を付け紅葉と合わせて季節を楽しませてくれます。
若いうちは中心の幹がまっすぐ伸び、円錐形に成長する美しい樹形をしていますが、成木になると横に広がりを見せ、年月とともに姿を変える様子を楽しむことができます。

【落葉樹と常緑樹】

ハナミズキは落葉樹です。落ちた葉の掃除がありますが、その代わり美しい紅葉を楽しむことができます。

【成長速度と大きさ】

成長は遅く、1年で25~30cm程度成長します。高さは最大で10m程度になりますが、庭木で育てる場合は3~4m程度で芯止めをして横に伸ばすことをおすすめします。ハナミズキの花は木の上の方で上向きに咲くため、あまり木が高すぎると花を楽しむのが難しくなるかもしれません。また若い木には花があまり咲きません。花が咲くまで4~5年かかる場合もあるので気長に育てていきましょう。

【剪定と病害虫対策】

剪定は葉が落ちた後の12月~2月がおすすめです。
日当たりや風通しが悪いとテッポウムシやアメリカシロヒトリの幼虫などの害虫が発生します。また梅雨時と初秋には葉が白くなる「うどんこ病」が発生することもあります。

【耐寒性・耐陰性】

街路樹で植えられるくらい丈夫で枯れにくい木ですが、耐寒性、耐陰性ともにあまり良くなく、とにかく日光を好む木です。前述のとおり日当たりや風通しが悪いことで病害虫が発生することもあり、花が付きにくくなることもあります。気候や植える場所をしっかり検討するようにしましょう。

【建物のデザインとのバランス】

華やかな花を咲かせることから洋風の建物との相性がいいとされています。同じような雰囲気の木にヤマボウシがあります。こちらは寺院などでも植えられているように雑木の雰囲気から和風の建物にマッチするため、和風の家でハナミズキを植えたいと思われている方はヤマボウシも検討してみてはいかがでしょうか。

ジューンベリー

ジューンベリーは北米原産で、実も花も楽しめる美しい木です。4~5月に白い花が咲き、6月に実が収穫されることから「June Berry」と呼ばれており、欧米でも人気の庭木です。
実を付けるために必ず2本以上の木が必要なブルーベリーと異なり、1本でも実をつけることができるところもおすすめポイントです。

【落葉樹と常緑樹】

ジューンベリーは落葉樹です。秋には紅葉を楽しむことができます。

【成長速度と大きさ】

高さは最大で7m程度になりますが、複数本の幹で構成される「株立ち」(反対に1本の幹で育てることを「単幹」といいます)にすることで成長が遅く、手入れが楽になります。

【剪定と病害虫対策】

成長が遅いため剪定の手間はあまりかかりません。冬の葉が落ちた時に風通しが良くなるように枝を落とすようにしましょう。
病害虫には強いですが、他の木と同様に日当たりや風通しが悪いとカイガラムシやアブラムシなどの害虫やうどんこ病などの病気が発生します。実がなる時期は防鳥ネットで覆う、植える場所は広く土の部分を残すなどの対策を行うようにしましょう。

果実がなる木で病害虫と同様に注意が必要なのは、果実を食べに鳥が来て、そのフンや食べカスが自分の家だけではなく近隣に被害を及ぼすことです。またコンクリートの上などに実が落ちると赤い果汁がこびりつく恐れもあります。また樹齢が進むと実が付きすぎて木が弱ることもあるので、実が熟す前に収穫するようにしましょう。

【耐寒性・耐陰性】

ベリー全般寒い地域が原産なので耐寒性は非常に高く、寒さには強いですが、日当たりは重要です。日当たりは果実や紅葉にも大きく影響するため、極力日当たりの良いところに植えるようにしましょう。

【建物のデザインとのバランス】

里山にある雑木のような雰囲気の木なので、和風洋風を問わず色々な家に合わせることができます。

ソヨゴ

ソヨゴは日本原産で、つやのある濃緑の葉と赤い実のコントラストが美しい木です。6月頃に小さな白い花が咲き、秋に観賞用の赤い実をつけます。繊細な枝ぶりながら丈夫な木で、シンボルツリーとしても人気があります。

【落葉樹と常緑樹】

ソヨゴは常緑樹です。一年を通じて緑の葉をつけるため、目隠しとしても有効です。シンボルツリーとしてだけでなく、生け垣などにも適しています。

【成長速度と大きさ】

高さは最大15mくらいになりますが、ジューンベリー同様株立ち種は成長速度が遅くおすすめです。ソヨゴには雄株と雌株があり、雌雄を近くに植えると実がよくつきます。また果実は小さく硬いので床を汚すこともありません。

【剪定と病害虫対策】

成長が遅いため剪定はかなり少ない頻度で良いですが、秋の実を楽しむために選定時期は早春頃がおすすめです。
病害虫はほぼ発生しません。7月~9月頃のカイガラムシとすす病の発生に気を付けましょう。

【耐寒性・耐陰性】

耐寒性は高いですが、雪が積もるような寒い地域では落葉樹と組み合わせて植えることで寒さの害を受けにくくなります。
耐陰性についてはアオダモ同様やや日陰ぐらいでちょうど良いです。乾燥しすぎたり西日が当たりすぎると葉が焼けてしまうことがあります。

【建物のデザインとのバランス】

繊細な枝ぶりと里山を思わせる自然な雰囲気から、和風洋風どちらのテイストにも合わせることができます。

イロハモミジ

イロハモミジは北半球全体で生育しており、紅葉を楽しむ代表的な木です。モミジの中でも庭木としてもっとも多く植えられています。紅葉はもちろん、春の新緑、夏の木漏れ日など四季を通じて楽しむことができる木です。
日本で自生しているモミジは、太平洋側がイロハモミジ、日本海側がヤマモミジになります。

【落葉樹と常緑樹】

イロハモミジは落葉樹です。

【成長速度と大きさ】

成長は遅いですが、高さは何もしないと最大で10~15mになります。大きく育ちすぎないように自然な樹形を保ちながらの剪定が肝心です。

【剪定と病害虫対策】

剪定は難しく、プロの技術が必要な場合があります。
また害虫についてもテッポウムシ・カイガラムシ・アブラムシ・ゴマダラカミキリなどの虫が付きやすく、うどんこ病という病気にもなりやすいなど病害虫の被害には気をつけましょう。ちなみに私の実家のモミジにはよくイラガの幼虫がつくことがあります。イラガの幼虫はトゲに刺さると電気が走ったような痛みがあり、駆除する時にも注意が必要です。

【耐寒性・耐陰性】

日本全国で生育することができ、耐寒性に優れています。紅葉を楽しむためには日当たりが良い場所に植えるほうが良いですが、夏に強い西日があたる場所は葉が焼けてしまうので避けたほうが良いでしょう。

【建物のデザインとのバランス】

やはり和のテイストとの相性が良いですが、和モダンや洋風でもカジュアルに植えられる方もいらっしゃいます。

RSS
Twitter
Visit Us
YouTube
Instagram

おすすめ記事

この記事が気に入ったら
こんな記事もいかがですか?